• 資産運用って難しそうとお考えのあなた!
  • 決してそんなことはありません!
  • 楽しみながら学んでお金を増やす!
  • それがKHお金の道場です!

中島 肇のToday's Summary

中島 肇
  • 2019年10月23日 11:30

    先日発表の中国7-9月期GDPの成長率は1992年以降の最も低い水準を更新しました。また、米国の経済指標も冴えないものが続き、肝である消費の分野でも悪化が見られます。中国ではインフラ投資や預金準備率の引き下げなどを行っており、米国では3期連続の利下げが行われる可能性が高まっています。米中貿易協議の不安要素を金融政策等がフォローする展開がしばらく続くと思われます。記.松木

  • 2019年10月16日 10:47

    マーケットは米中貿易協議の部分合意を好感し、堅調な推移となっています。ただ、これまで合意、決裂を繰り返してきた経緯もあり、楽観はできない状況は続くものと思われます。IMFによる世界成長率の下方修正が発表されました。来年の大統領選を控え、経済成長の鈍化や株価の下落は再選の致命傷となるため、大統領は過激なことは控えるのではないでしょうか。ぜひそうあってほしいものです。記.松木

  • 2019年10月09日 11:04

    10日から始まる米中貿易協議の行方にマーケットの関心は高まっていますが、同日発表される米国消費者物価指数(CPI)にも注目です。この内容が悪いものであればFRBは追加利下げの後ろ盾を得ることになると思います。貿易協議の進展は予測が難しく、要人発言でマーケットは乱高下することが予想されますが、それを金融政策が補うという展開になるのではと考えます。記.松木

フォローする