• 楽しみながら学んでお金を増やす!

KH アセットのToday's Summary

KH アセット
  • 2021年04月09日 11:28

    4月8日の米国株主要3指数は揃って上昇し、S&P500は史上最高値を更新しました。最近のマーケットの懸念事項であった長期金利の上昇も落ち着いてきており、グロース株へ資金が戻ってきています。金利急上昇の局面では売られたハイテクグロース群ですが、フェイスブックやマイクロソフトなどは史上最高値を更新してきています。最近では良い経済指標が出てきても反応は限定的になってきています。この度の長期金利急上昇の背景には米国国債のロングポジションをとっていた投資家が金利上昇による含み損に耐えられなくなり、ポジションを外したことも急ピッチの上昇要因としてあるとのことでした。さすがに急上昇した米国10年債の金利水準は魅力的で買いも入り、小康状態となっています。金利急騰の際に、リスクをとって下落したグロース銘柄を買っていた投資家の方は、良いパフォーマンスになっていることと思います。まだしばらくは現在の状態は継続すると思いますが、金利上昇の圧力は今後も残ったままなので、程良いところでは利食いし、不測の局面に備える姿勢も大切かと考えます。

  • 2021年03月26日 10:14

    25日の米国株式主要3市場は反発となりました。バイデン大統領就任後の初の記者会見でワクチン接種について従来の接種回数よりも大幅に増加させる意向を表明し、感染拡大が抑えられる期待から景気敏感株を中心に買いが入りNYダウは約200ドルの上昇となりました。一方、NASDAQ指数は小幅上昇に留まりました。先日のFOMCでは従来の緩和姿勢の維持を表明しましたが、長期金利上昇の懸念は払拭できず、ハイテク株は軟調な状態が続いています。欧州での新型コロナ再拡大を受けて、それまで上昇が続いていた景気敏感株は少し水を差された格好になっていますが、ワクチン接種の進展があればもう一吹きする局面は期待できそうです。ただ、ワクチン接種の進展による経済活動再開期待からのバリュー株の上昇はある程度織り込み済みと思われ、バリエーション的には高い水準まで上昇していると思われます。現在はコロナ相場スタート時のグロース買いのバリュー売の逆の状態となっていますが、ここからバリュー株を買うよりは、まだ長期金利上昇の影響を受け不安定な状態は続きそうですが、業績面で裏付けのあるグロース株を段階的に拾っておくのがよいのではと考えます。

  • 2021年02月25日 12:05

    24日の米国株市場の主要3指数は上昇して終わりました。中でもNYダウは史上最高値を更新をする強い動きとなりました。日経平均も3万円の壁を突破したことから達成感により、弱含むかと思われましたが底堅い動きとなっています。日経平均が3万円を突破したことから、バブルかどうかとの議論が上がっています。バブルは終わってみないとわからないですが、日経平均の直近のPERは22.08倍とアベノミクスが始まってからの平均よりは高いものの極端な水準とは言えません。また、企業業績も上昇しているためEPSの上昇しており、今後も企業業績の上方修正が続いていけば予想PERが低下することもありそうです。しかしながら、好調なNYダウとはことなり、NASDAQ指数は長期金利の上昇を受けてやや軟調な展開となっています。FRBでは金融緩和の継続のスタンスに変更はないとでしたが、長期金利の上昇に対しての施策については言及しなかったため、上昇の流れはまだ続いてしまいそうです。ハイテク銘柄が中心のNASDAQ指数の調整により、日本株も半導体関連や電子部品関連も調整局面がありそうですが、押し目は拾うスタンスがいいのではないかと考えます。

フォローする